全国の乗馬クラブの詳細情報や口コミを検索
〜採用情報やキャンペーン情報も〜

  • 2019.07.01

乗馬の費用は高い?自分の収入に合わせた2つの通い方と選び方

乗馬はお金持ちしかできないスポーツではありません

初めて乗馬を体験して馬のかわいさや楽しさを知り、体験乗馬をきっかけに乗馬に興味がわいている方はとても多いです。
また再度馬に乗りたいけど「乗馬は費用が高くて自分で通えるのか不安」になっていますか?

また、体験乗馬に行ったことがない方も、これから「馬を始めてみたい」と思っている方は非常に多いですが、そんなみなさんの悩みは、

  • 「乗馬は費用が高い」
  • 「自分の収入では通えないのではないか?」

ですよね。

乗馬を始めるにはまず体験乗馬からです!
はじめての乗馬体験!クラブの選び方と料金や注意点について」を参考にまずは何も迷わず体験乗馬に行ってみるのもいいと思います。
体験乗馬は1000円〜できるので誰でもリーズナブルに体験できます。

そして、そんな費用面の悩みを持っている方には是非この記事を読んでいただきたいです。
あなたに合う乗馬クラブの通い方が必ずあるはずです。

乗馬クラブの入会やビジターでの費用と選び方のほか色々とまとめているので、自分らしい楽しみ方の選択肢にしてみてください。

乗馬クラブへ通うためにかかる費用

ウマミレでは全国の乗馬クラブ情報を網羅しています。
全国の乗馬クラブ一覧
こちらから近くの乗馬クラブの費用を見てみてください。

乗馬クラブ検索方法

矢印のボタンをクリックするとあなたが現在いる地点から近い順に乗馬クラブが表示されます。
口コミ・詳細をみるボタンをクリックしていただくと料金詳細を見ることができますので合わせて読み進めてみてください。

入会金

乗馬クラブに入会するにはまず初期費用として入会金がかかります。
入会する際に支払うもので、入会金は平均的に10万円前後が多いですが、乗馬クラブによって値段設定は変わります。

また、一般的な正会員以外にも、乗馬クラブによっては平日のみ乗ることのできる「平日会員」や週末のみ乗れる「週末会員」、家族で通われる方のための「家族会員」や「ジュニア会員」などを設定しているところがあります。
また、期間限定会員で3か月や1~2年といった、期間内は入会金が無料になっていたり、低価格で会員と同じサービスを体験できるようなところもあります。

正会員より安い値段設定になっているのであなたのライフスタイルにあった会員種別を選ぶことができます。

そもそも会員制ではない乗馬クラブもあるのでその場合入会金はかからないです。

全国の乗馬クラブ一覧

こちらから近くの乗馬クラブの料金詳細を確認してみてください。

時期によって春や秋に入会金無料キャンペーンをやっているところもありますので、そういった時に入会するのもおすすめです。
そのような情報がありましたら随時更新していくので是非ウマミレをブックマークしておいてください。

入会金については、
0円~30万前後と考えていただいて、あなたのライフスタイルに合わせた会員種別と乗馬クラブを選べば「全然通えそう!」と思えるのではないでしょうか?

月会費・年会費

そして会員制の乗馬クラブにはほとんどの場合、月会費か年会費がかかります。

こちらもクラブにより年会費9万~20万円程です。
月で考えると1万~2万円程の月会費なので他の習い事よりも安く感じませんか?

こちらも入会金同様、自分でも払える!って思いませんか?

騎乗料・指導料・借馬料

そしてこちらが毎回、馬に乗る(騎乗)するたびにかかる騎乗料が2,000円〜10,000円ほどかかります。
この騎乗料とは、

  • 騎乗料(馬に乗る代)
  • 指導料(先生に教えてもらう代)
  • 借馬料(クラブの馬を借りる代)

がセットで「騎乗料」となっていることが多いですが、ウマミレに掲載の乗馬クラブの料金詳細の中には、騎乗料と指導料と借馬料がそれぞれ記載されている場合があります。
そのようなクラブは騎乗料の他に別途、指導料と借馬料がかかってきます。

レッスン時間は1鞍(1レッスン)約30分~50分前後です。
これはクラブのプログラムや、天候によって左右されます。
暑い夏は馬も苦しいので短い時間になったりします。

1レッスン2,000円だったら通えそうな気がしないですか??

乗馬をするために必要なものを揃えるには?

初心者が乗馬をするために必要なものがいくつかあります。

  • ヘルメット(5千円~2万円)
  • 手袋・グローブ(1千円~5千円)
  • キュロット(1万5千円~3万円)
  • 乗馬用ブーツ(1万円~15万円)
  • ボディプロテクター(4万円)

乗馬のグッズ

これらは服装について必須アイテムです。

これら全て購入すると、約70,000円〜250,000円になりますのでかなりの高額ですよね。

でも安心してください。

ヘルメット・乗馬用ブーツ・ボディプロテクターはどこの乗馬クラブにもビジター用に用意していますのでレンタルでもOKです。

手袋・グローブは軍手でもOKです。

キュロットは最悪運動しやすいズボン履いていけば問題ないです。

手袋はレンタルがないため毎週乗るなら購入する感じで良いと思います。
その他のレンタルは無料〜1,000円ちょっとぐらいです。

揃えたいなどと特にこだわりがなければ、はじめはレンタルで済ませれば良いです。

必要なものを必要だと思った時に徐々に揃えていけば良いかなと思います。

また、楽天に素晴らしい乗馬ビギナーセットがあるので紹介しておきます。

乗馬 ビギナー 6点 セット 送料無料 レディース メンズ ジュニア 足まわりが揃うお得なセット ブーツ チャップス ソックス ムチ リストバンド ブーツジャック 乗馬用品 馬具 用品 初心者 ビギナー 乗馬用 ウェア 服 オールシーズン 乗馬ブーツ 乗馬チャップス

価格:9,800円
(2019/7/1 12:25時点)
感想(28件)

こちらは6点セットで9,800円です。

こちらを検討しても良いのではないでしょうか。

これまでの紹介から、1週間に2日通ったとして月に8回騎乗したら、入会金は別として月に3万円~通えるというのがわかったかと思います。

予算に合わせ、1ヶ月の騎乗の数など調整したら全然通えるレベルだと思ってきませんか?

クラブの所在地や規模からレッスン内容などの全体的なレベルで、大きく価格は異なってくるため目的を明確にし、

全国の乗馬クラブ一覧

こちらで自分に合う乗馬クラブを是非探してください。

入会せずにビジターで通うパターン

ほとんどの乗馬クラブでは、初心者向けのビジター騎乗プランがあります。
30分で5,000円程~と比較的低価格に利用できるので、先ほど紹介した「乗馬クラブへ入会して通うパターン」でもちょっと高いな。。。と思われた方は、ビジター騎乗のある乗馬クラブで入会金も月会費も支払わずに自分の都合の良い時に、騎乗料だけで乗馬に通うのがおすすめです。

ビジター騎乗は、色々な乗馬クラブにレッスンに行けるので初心者の方にはかなりメリットではあります。
クラブの立地や交通手段、馬場の広さや、雰囲気と馬の頭数や管理状態なども見れますし、自分に合うクラブを見つけるためにもたくさんの乗馬クラブに行けるのでとても良いです。

どのレベルで乗馬を習いたいか考えて、実際に通おうと思っている曜日や時間帯に予約をして体験することでどうなりそうかといった状況や利用している人数もだいたいわかります。

また慣れてきたら、経験者向けのビジター騎乗というプランもありますのできちんとレベルアップもして行けると思います。

入会している会員プランとビジター経験者プランを比較してみるとよくわかりますが、入会金や年会費がかからない分、騎乗料が大幅に高く設定されています。(大体約8,000円くらいです)
1週間に2日通った場合に月に8回で7万円程度かかります。

このプランの場合は、ヘルメットやブーツ、ライフジャケットのレンタルは込みになっているのが殆どです。

ビジター騎乗は1回の騎乗料は高額と感じるかもしれませんが、月に1~2回ほど騎乗する方の場合は入会するよりお得です。

もし毎週乗馬に行きたいという方なら、長期的に考えると会員の方が半額くらい安いので会員になってしったほうが良いです。

こちらはあなたの懐具合と、生活習慣などで決めていくと良いです。

週末ライダーが1ヶ月に使う金額

一般的勤めている方の場合は、土日が休日の方が多いでしょうか?
そういった方は、週末だけ騎乗しているので「週末ライダー」などと呼ばれています。

週末ライダーとなる方のために、週末ライダーは月にいくらくらい乗馬にお金を使っているのか紹介しましょう。
イメージがしやすくなると思います。

例えば入会金は除いて考えてみますが、乗馬クラブに入会して週末に騎乗する場合の費用は、

月会費15,000円
騎乗料・指導料3,000円

週末土日に2回で月に8回乗った場合、40,000円程度になります。

入会せずビジター騎乗で週末ライダーをする場合は、

騎乗料1回8,000円

週末土日に2回で月に8回乗った場合、64,000円程度になります。

月に4回なら32,000円ですので、こちらも通いやすいように調整しながら行けると良いと思います。

通い方を選ぶ際のポイント

費用に関連した通い方の選び方はほとんど上で紹介してしまっていますが、目的を明確にするために、次のような選択肢があるのでご紹介します。
 

乗馬クラブで上達して馬と触れ合いたい

毎週乗馬クラブに通って、上達を目指して馬と触れ合いたい場合は入会して利用するのがおすすめです。
  

自然の中で癒されながら駈歩の外乗をしたい!

外乗の写真

行きたいときに自然を堪能し駈歩で疾走したい場合は、1回5千円~2万円ぐらいまであります。
ただし4級ライセンスレベルのスキルがないと駈歩の外乗はできないため、まずは乗馬クラブに入会して4級ライセンス取得を目指しましょう。
4級ライセンス取得には個人差がありますが60鞍程度は乗らないといけないでしょう。
60鞍乗るためにかかる費用が、入会した方が良いかビジター騎乗の方が良いか?を考えて通い方を選ぶと良いです。

競技会に出場したい

初心者から上級者までレベルや年齢層は幅広く、種目もいろいろあるので楽しみもたくさんです。
日本馬術連盟では障害馬術、馬場馬術、総合馬術、エンデュランスなどの競技がありライセンスもあります。

乗馬クラブでレッスンの取り扱いのあるところに通って、ビジター騎乗ぐらいの金額がかかります。出場の際には服装の規定や参加費用などがかかるため、競技により規定の服装を購入する費用と1回1競技で40万円かかる乗馬クラブもあります。

障害飛越を飛びたい

障害飛越

障害飛越レッスンは、全国乗馬倶楽部振興協会の馬場3級ライセンス程度の技能がある方よりレッスンをしているところがほとんどです。
障害を飛びたいのであれば、3級ライセンスは100鞍程度のレッスンは必要なので、これをやりたいのであれば乗馬クラブに入会してください。

>障害でオススメのクラブ
 

5級ライセンスを取得したい

初心者が馬の事について学べて、2~4日間で10回のコースに参加して、3か月などの期間内であれば平日や休日でも関わりなく5万円前後で取得できるものです。
キャンペーンで割引もしているところもあります。
5級ライセンス取得コースがあるクラブはこちらから見れますので、興味がある方はこちらをご覧ください。
5級ライセンスの取得が目的の方は、乗馬クラブへ入会しなくても良いでしょう。

5級取得

まとめ

乗馬クラブへ入会するなら、自分の目的に合っていることが重要です。
また雰囲気など楽しめるようなところを選べるように、いろんなところに体験して比較してみると良いです。

馬場内で馬と触れ合ったり、自然の中で駈歩や競技場で競技をしたい人など、楽しみ方は人それぞれです。

金額もゴルフに通うといった趣味と同じぐらいで無理なく通える乗馬クラブはたくさんあります。

ぜひ乗馬クラブ選びにウマミレを活用してみてください。